人と人のために人はゆっくりと急げ
全ては自分のてのひらで正確に計量される

にんじんをピーマンと換えじゃがいもを塩と交換し

一週間分のものを手に入れ一週間分の言葉を交わし

そうして成り立つひとつの市

ここでは国家でさえ口を挟めない


堅牢なインカの石積みの上にスペインの教会

過去の栄光の上に野望征服の形見

今はしかし広場という 人と人のための市場で

人の手から人の手へとものがゆき交う

インディオの過去の記憶も

ここでは夢のように覚めていく

帽子ヲカブラナイト

魂ガ空ニオチテシマウヨ


にたっと笑ったインディオがそうささやいて

4000メートルの空の広がりを教えてくれる

インディオの迷信も

ここでは確かな真実なのだ