昨日に向かって
 成田空港を出発したのは7月28日、17時45分だった。

Tシャツ一枚でも汗ばむほどである。とりあえず私達は、バンクーバーを経由し、トロントへと向かう。

そこから一気に南下してゆくのである。バンクーバーに着いたのが28日朝10時50分。

約九時間の飛行である。順調にいけば12時の出発であった。

ところがエンジントラブルで予定時刻を遥かにこえて出発するとのこと。

それではトロントで乗り継ぐ便に間に合わない。

急遽、別の便に乗り換えて行けという。やむをえずビジネス便でトロントに行くこととなった。

これがこの旅の第一のトラブルであった。トロントに着いたのは22時。

バンクーバーを出たのは14時30分だが、実際の飛行時間は5時間30分あまり。

時間はどんどんずれてゆく。さてここまではいわば経度の移動であった。

ここからは迷わずただただ南下するのみである。

こうしてペルーの首都リマに着いたのは、29日朝、6時40分であった。

待ち時間も含めて約24時間かかったわけである。

リマは、冬。私達を迎えたのは、リマの冬特有のひんやりとした曇天の空だった。