午後の銅鑼そして読経


午後の銅鑼がゆっくりと鳴っている

余韻を惜しむように正午の銅鑼が鳴る
死者の者へではない読経が
果てることなく続き
少年僧と長老だけは
別の時を生きているようだった

もどる