ペルー オヤイタイタンボで


インカの巨石文明の遺跡で彼の歌をきく

その遺跡の前では
グレープフルーツのジュース売りが並んでいて
観光客がくると一斉にグレープフルーツをその場で搾り始める
買うかどうかなんて関係ない
とにかく搾りまくる
無作為に一人のジュースを一杯買い
飲んでみた
どうしようもないただ酸っぱいだけのジュースだ
なのに今それをもう一度飲んでみたいのはなぜか


もどる