わたしの時代

その5


午後2時の吊り橋の向こうには


橋とは
こんなに揺れるものなのか
頼りない橋の上から川底をのぞき込むと
鮎の背がやはり同じように揺れて
流れていくようだった
笹舟を流し
筏を浮かべ
太い放水管の中の轟音におののきながら
機械と植物の夢を毎日観ていた


次(まだできていません。。。。)

もう帰る